So-net無料ブログ作成
検索選択
将来はパパのお嫁さん ブログトップ
前の10件 | -

春の苑遊会 [将来はパパのお嫁さん]

GW初日の28日は、3歳児3家族で遊ぶ新宿御苑での苑遊会。昼前に集合してお昼食べて遊んでっていうだけの会だけど、春と秋の年2回はほぼ恒例行事と化した感じ。子供たちの体力が付いてきたのか、最初のうちはおやつ前には帰っていたはずだけど、今回はほぼ閉苑時までがっつり遊んでいた。約1名はラピュタの教えを忠実に守っているのか、土から離れては生きられないような男の子。苑内の土の部分を木の枝で掘り起こして開梱し、どこからともなく雑草を引っこ抜いてきて植えようとしていたみたい。うちの娘はシャボン玉は一緒になって遊んでいたけど、そんな泥んこ遊びなんかするわけもなく、お母さんたちの輪に入っておやつをパクついていた。もう一人の男の子は土いじりもしてたけど、そのうちマイブームの「石見神楽」の自主練習を開始。もうそれぞれが好きなことをやりたい放題。この距離感がいいんだろうね。

アメリカンドックは高尾山にかぎる [将来はパパのお嫁さん]

1111030031.JPG

文化の日は、相方と娘と3人で高尾山へ。まだまだ山は色づくまではいってないけど、リフト乗り場は長蛇の列。40分待ちとか、どこのアトラクションかっつーの。登った先で、ちょうどお昼時だったので、そばかうどんでもって思ったんだけど、娘はそんな気分じゃないみたいで、結局アメリカンドックにしてみることに。初めてのアメリカンドックに、最初は怪訝な表情をしていたんだけど、先端をかじってソーセージが入ってることを見せると、俄然やる気に。結局、6-7割くらいは食べたんじゃないかな。これからは、高尾山に登ると、毎回アメリカンドックを食べることになるのかなぁ。「目黒のサンマ」ならぬ、「高尾のアメリカンドック」って言いそうだわ。

保育園、クラス会 [将来はパパのお嫁さん]

土曜日は、娘の保育園でのクラス会ということで、娘と相方と3人で保育園に。メインイベントは、親子でのひな祭りに向けての創作活動。クラス会の参加は10組弱くらいかな。保育士さんの説明を聞きながら作っていくわけですが、結構子供たちは真剣に制作していくもんですね。おいらは基本、撮影班で相方が娘と一緒に創作活動を担当。娘も、普段なら手にべとつく物は嫌いなのだけど、特に文句も言わず糊でペタペタ紙を貼ってたり。30分くらいで全員作り終えて、保育園の窓にそれぞれが貼っていって創作活動は終了。上手に作っているものや前衛的なものなど、個性が表れてて集めてみるとなかなか面白い。

創作活動の後は、先生のエプロンシアターと歌に合わせてのダンス。ダンスでは先生の掛け声には真っ先に反応した娘だけど、「ぐるぐるどっか~ん」を踊った後は全くのやる気なし状態に。一人だけ寝っ転がって、先生や友達のダンスを見てる状態に。普段は元気に踊ってるんですよって先生たちは言ってくれるんだけど、ホントかな?

同じクラスのお友達には海外への引っ越しが決まり、このクラス会が最後っていう子も。娘とも仲良く遊んでくれていた子だったので、親としてはちょっとさみしい気持ちに。半日だけだったけど、楽しかったりちょっとさみしかったりと、いろいろな思いのあったクラス会になった。

保育参観 [将来はパパのお嫁さん]

木曜日は、娘の通う保育園の保育参観に参加。1歳児クラスは、おいらのほかにはママさん2人が参加。普段、娘が保育園でどんな風に楽しんでるのかを知る、いい機会。

朝のおやつの後は、先生の絵本の読み聞かせ。3冊ほど聞いた後は本日のメインイベント、近所の公園へのお散歩。近所といってもこれが結構遠くて、子供の足で車や自転車を気にしながら、徒歩30分。公園に到着するだけで、大人も結構しんどい散歩だ。子供たちも結構しんどかったのか、到着直後はとりあえず花壇の石垣に腰をおろして一服。しばらくしたら、滑り台やブランコなんかで元気よく遊んでいたけど。30分程遊んだ後は、30分の帰り道。途中、保育参観に参加していたママさんの娘さんが甘えだし、だっこモードに突入。仕方なくだっこしてたみたいだけど、流石にママさんも疲れてきたみたいで、困惑顔。しょうがなく「○○ちゃんのパパ(おいらのこと)と手をつなぐ?」と聞いたら頷いたようで、その女の子と自分の娘と手をつなぐことに。それから先は、いい子に手をつないで保育園まで帰ったので、ママと一緒にいるのにいつものように甘えられない状況がかなりストレスだったみたい。

保育園に帰ってからは、みんなと一緒にお昼(といってもお子様サイズ)を食べて、保育参観は終了。しっかし、結構遠くまで散歩に行くんだなぁと、ちょっとびっくり。あと、先生方の大変さが今まで以上にわかった気がした、そんな一日でした。

はぴはぴはっぴー [将来はパパのお嫁さん]

夕方、娘と一緒に教育テレビを見ていて、とある番組が始まるとテレビ画面を指差して

「これは、とーちゃんの(好きな番組)!」

って言われた。確かにとーちゃん、まいんちゃんが嫌いではないんだか、そんなに娘と一緒に見ていた記憶がないんだが。

はぴばーすでー、娘 [将来はパパのお嫁さん]

6日は、娘の2度目の誕生日。今年は平日なので、相方に買ってもらってたバースデープレゼントを渡したくらいの、去年以上にささやかなお祝いに。その代わり、保育園では今月のお誕生会があったようで、誕生日にお誕生会ということで、たくさんのお友達にお祝いされたってことは良かったんじゃないかと。ま、誕生日にバースデーケーキ食べないっていうのもかわいそうなので、我が家のお誕生会は土曜日に開催予定。べ、別に、親がケーキを食べたいってだけじゃないんだからねっ!

身長:76.4cm(+10.5cm)
体重:9.6kg(+2.09kg)
※カッコ内は前年比(保育園調べ)

成長してはいるんだが、チビッ娘属性は解消ならず。まぁ、そこはいいんだけど、肌の弱さはちょっと何とかしてほしいかなぁ。大きな病気や怪我もせずに成長してるんだから、これ以上を望むのは贅沢か。

(おじちゃんおばちゃんを引き寄せる)吸引力が変わらない、ただ一人の娘 [将来はパパのお嫁さん]

先週末に法事で帰省した際に行った温泉での事。脱衣場で相方が自分の服を脱いでいる最中、うちの娘は見ず知らずのおばちゃんに、せっせと服を脱がされ、オムツまで脱がされてたらしい。まぁ、悪いことをされたわけでもないし、娘も嫌がらなかった(訳がわからず呆然としていた?)みたいだから、いいっちゃいいのだが。世話好きにもほどがあると思うが、世のおばちゃんはみんな、こんなことまでやってくれるんだろうか。

そういえば、道行くおばちゃんなんかに「かわいいね」なんてよく言われたり、近所のすし屋のおっちゃん(名前知らず)からジュースやら卵焼きやらもらっちゃうし、保育園への通園途中ですれ違うおばちゃん(こちらも名前知らず)から、ひなあられなんかもらっちゃうし。

どうもうちの娘は、おじちゃんやおばちゃんの吸引力が高いような気がするんだが、世の中の子供は、みんなそんなもんなんだろうか?

黄砂に吹かれて [将来はパパのお嫁さん]

先週末は法事のため、相方の実家へ帰省していたんだけど、運悪く中国から来た黄砂をモロかぶり。その影響か、娘は自宅に帰ってから、シーズンベスト(父親調べ)の39.4度の高熱。おまけに顔や首、手首なんかの肌荒れが酷いことに。一度病気になると長引く傾向の娘だが、今回もそんな感じっぽいなぁ。

クリスマス会 [将来はパパのお嫁さん]

土曜日は、娘の通ってる保育園のクリスマス会。娘は濃緑のワンピースと茶色のレッグウォーマーという、完璧なクリスマスツリースタイル。さらに、赤い三角帽子まで被って完璧なクリスマススタイル。見た目はやる気満々なんだけど、娘のやる気の無さっぷりは相変わらず。ま、朝の着替えから自分のテンポで進まないことがかなり嫌だったらしく、家を出る前からベソかいてましたけど。

クリスマス会では、あらかじめ家で作ってきたサンタさんの人形を飾ったり、ジングルベルを歌ったり、リトミックをやったりと、みんな楽しそうにやってたけど、娘はリトミックでちょっとだけやる気を出したくらいかなぁ。サンタさんも登場してプレゼントを貰ったんだけど、反応はいまいち。中身が気になるわけでもなく、はいどうもって感じで淡々とこなしていく感じ。クリスマス会で一番やる気を出したのは、最後のお茶会かな。親の蒸しパンまで食べるは、ジュースのおかわりはするわと、食い気だけは人一倍だった。

とはいえ、娘のやる気もここで終わったらしく、保育園から出るまでに眠ってしまうという、前回の保育園イベントだった運動会と同じ展開に。ま、いつもだったらお昼寝している時間なので、無理も無いか。

青春の塔? [将来はパパのお嫁さん]

IMG_4105.JPG

知らぬ間に、娘がこんなものを作り上げていた。どうよこの、見事なバランス感覚。見た瞬間、ハチミツとクローバーで竹本君が作り上げた「青春の塔」を思い出してしまった。青春の塔は、作者の手で壊される運命だったが・・・

この作品もまた、娘によって壊されてました。自分探しの旅に出ないかと、ちょっと心配です。


ハチミツとクローバー (1) (クイーンズコミックス―ヤングユー)

ハチミツとクローバー (1) (クイーンズコミックス―ヤングユー)

  • 作者: 羽海野 チカ
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2002/08/19
  • メディア: コミック



前の10件 | - 将来はパパのお嫁さん ブログトップ