So-net無料ブログ作成

羽生善治二冠(5年ぶり7回目) [明日になったらどうでもいい事]

第58期王位戦で菅井竜也七段の挑戦を受けていた羽生善治三冠。1勝4敗で王位のタイトルを失って二冠になった。二冠になるのは、2012年の10月に王座を奪取して三冠になって以来、ほぼ5年ぶり。
ちなみに、プロ入り以来の冠数別日数を調べてみると・・・

無冠:1581日
一冠: 978日
二冠:1068日
三冠:2670日
四冠:3594日
五冠: 965日
六冠: 555日
七冠: 167日

となり、実は羽生さんにとっては四冠が平常運転て事らしい。というわけで、巷ではだいぶ衰えたなという評価らしい。9割以上の棋士は無冠生活が一番長いはずなんだから、二冠でも十分強いんだけど、羽生さん見てるとその辺の感覚がおかしくなるね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。